撒き餌レンズにこそ付けたいカラー枠フィルター「MARUMI DHGスーパーレンズプロテクト」

MARUMIのカラー枠フィルター

撒き餌レンズの呼び名で有名な単焦点レンズCanon EF50mm F1.8と共に購入したのがこのプロテクトフィルター。
MARUMI カラーフィルター DHGスーパーレンズプロテクト ビビットパープル
MARUMI カメラ用 フィルター DHGスーパーレンズプロテクト 52mm

レンズをドレスアップ

MARUMIのカラーフィルターを付けたEF50mm F1.8
個性の出しにくい撒き餌レンズが少しオシャレになった気がします。特にビビットパープルのこの色が気に入った!
色は14色。パープル、ブルー、ライムのビビットシリーズは最近発売されたそうです。ビビットライムも良いね。
フィルター径はEF50mmだと52mm。レンズによって径が異なるので注意です。

画質への影響は?

他のフィルターに比べて画質に影響があるようには感じません。だけど普通のフィルター並みには画質に影響します。昼間の撮影なら認識できる違いは出ませんが、夜景を撮ると違いが分かるくらいボヤッとします。影響が出そうな撮影ではフィルターを外して行くのが吉。
まぁ撒き餌レンズならフィルター付けてガシガシ使い込むのが気分的にもいい気がします。逆に撒き餌レンズ程度にフィルターなんていらねぇって考え方もあるけども。

紹介機材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です