撒き餌レンズはやっぱり良い 単焦点入門レンズ「EF50mm F1.8」

単焦点レンズ入門の定番

一般に「撒き餌レンズ」「神レンズ」などと呼ばれるEF50mmF1.8を買いました。その理由は高性能の割に1万円を切る圧倒的コスパ!まだ単焦点レンズを持ってないCanonユーザーはとりあえず買ってお
く事をお勧めします。
Canon EF50mm F1.8をEOS3に装着

ズームレンズとは一線を画す画質&ボケ

キットレンズと比べるとこのレンズがいかに良い画質か、いかによくボケるかが分かります。キットレンズと撒き餌レンズを比べて初めて「ねむい描写」とはこういう事を言うのかと理解できました。

作例

モンスターエナジーの写真
F値は3.2。

APS-Cでの画角は80mm

APS-Cセンサーにこのレンズを付けるとフルサイズ換算で焦点距離が80mmになります。やはり50mmに比べると狭く風景は一部分を切り取る感じです。普段使いで何処へでも持って行こうとはなかなか思えないのが残念。一方でポートレイトや特定の対象を撮ったりするにはピッタリの画角。よくボケるのもポートレイトでは圧倒的利点。

紹介機材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です