映画「遠くの空に消えた」

遠くの空に消えた
行定勲監督作品。神木隆之介主演。
監督の作品だと「GO」が好きだったし「世界の中心で、愛を叫ぶ」は篠田昇がカメラマンだったからじっくりと鑑賞した記憶がある。
調べたら岩井俊二監督作品で助監督たくさんやっているという。なるほど。

田舎町に空港を作るか作らないかで騒動が起こるみたいな話。
コメディタッチだけどたまにじんわり。子供時代って切ないよねぇ。それを神木くんが表現するんだからキュンとくる。
神木くんはがまだ少年時代の作品だからそこまで演技が上手いって訳ではない。でも美少年度が高いし最高!

ストーリーはふんわりしてる。GOや世界の中心で愛を叫ぶみたいなカッチリしたストーリではないから好き嫌いがあるかも。後半の展開は色々と凄いなぁ。何に注目しながら鑑賞すれば良いのか分かりづらかったのが残念。まぁ神木くんが良かったから全て良し。

評価☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です