映画「桐島、部活やめるってよ」

桐島、部活やめるってよ

日本の映画の中でかなり好きかもしれない。途中まで退屈めだけど最後の屋上シーンがカタルシス爆発。ゾンビ軍団最高。ちょくちょく入る映画部の卑屈っぽさが楽しいし、でもリアルだなぁって感じ。

体育会も文化部も帰宅部も映画部もそれぞれ鬱屈とした日々を過ごしてるわけですよ。桐島さえも無敵そうに思えて人知れずなんか抱えてるし。青春は鬱屈だ。
そんな中でも救いは映画部。誰と競うわけでもなくクリエイティブなことを好きだからやってる感じ。我らが神木くん万歳!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です